そんなに食べられるの?

実習生達のお昼ごはんは?

もちろん実習生によって違うのですが、大半の実習生は節約してお弁当を作っています。

先日、中国の実習生を受け入れている企業様を訪問しました。この企業様は社員数も多く立派な社員食堂をお持ちです。日本人の社員さん達の多くは社食を食べられているのですが、自習生達はお弁当持参です。

しかもなかなか手が込んでいる、焼餅と言われるハンバーガーのような中国風のパンや中華まんから具がなくなった饅頭(まんとう)、焼きそばを作っている実習生もいます。

そんななか一人の実習生が二段弁当とタッパを持って現れました。

中身は・・・、二段とも米。タッパ-の中身はえのき炒め。

なかなかのボリュームとヘルシー、そしてローコスト!。

そんなに食べられるの?と聞くと、一生懸命実習しているからお腹がすく、これだけ食べても太らないとのこと。

ペロッと食べて、お昼の実習へ向かう彼でした。

カテゴリー: 文化

2 Replies to “そんなに食べられるの?”

  1. この饅頭が手作りなんてすごすぎる!中国人実習生から、以前に「水餃子」をご馳走していただいたことがありましたが、お店を開けそうなくらい形が上手でびっくりしました。

  2. 饅頭って、実習生手作りなんですかね!?
    すごくキレイな形してるし、美味しそう☆
    3つは多い気がしますが・・・(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です