色々な面接のかたち

8月より始動しましたベトナム支部 下村です。

ベトナム支部では毎回お客様の面接に同席しますのでたくさんの面接を間近で見ることが出来ます。
陳腐な言い回しにはなりますが、本当に企業様の数だけ面接があります。
先日、その中でも特に面白いと感じた面接がありました。
その内容は

サッカーの試合      です。

この企業様の社長のアイデアですが、単に運動神経を見るだけではなく、チームワークやコミュニケーションも同時に見る狙いがありました。

私も審判としてこのサッカーの面接に参加しましたが 社長の狙い通り! このサッカーの試合での動きで見事採用を決めた候補者も出ました。

もちろん、別に行った通常の面接の結果と合わせての採用ではありますが、決め手はこの試合での動きが良かったことのようです。

男性の8割以上が 趣味 サッカー なのもベトナム人実習生の特徴です。普段からプレーしている者も多く、候補者の多くが面接とは言え楽しんで参加できていたように感じます。

候補者の選考基準は企業様によって違いますので どんな企業様にもお勧めできるものではありませんが

一つの面接のやり方として サッカー も アリ かもしれません。。

候補者たちの試合の前の様子 気合充分!!

(熱くなり過ぎて怪我をしないよう させないようにと注意を行っています。)

カテゴリー: ベトナム, 文化, 現地

ハノイ 熱狂

みなさんこんちは! ハノイ駐在の下村です。

日本では例年に無い寒波・大雪で現在大荒れの様子とのことですが

ここハノイも別の意味で熱い熱気が吹き荒れています!

その理由は現在中国で行なわれているU23世代のサッカー AFCカップです。

さる20日 イラクをpk戦の末破りベトナム代表が準決勝へ進出を決めたこと

続いて23日 カタールをまたもやPK戦の末破り、決勝戦に進出を決めたこと

この2回の勝利はいずれも ベトナム初 というだけでなく、東南アジア初の快挙 のできごとです。

この勝利にフック首相もコメントを寄せるなど ベトナムは今 国全体が熱く盛り上がっています!

その様子は日本のメディアでも多くとりあげられておりますが、

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180124/wor18012409120002-n1.html

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180124/k10011300111000.html

現地の様子はさらにもう一段 過激です!

上記ニュースでも 試合の日 半休や休日となる企業もあるという情報ですが

ある実習生送り出し機関では 午後の後半の授業を取りやめ (通常でも本来 自習時間の時間帯のようです。)

先生、実習生皆で大きなスクリーンで試合観戦をしたり 観戦に参加せず仕事をしていたスタッフも手元のスマホで試合を見ていたり・・・

しかし 試合が終わった後が本番でした。

いたるところから上がる歓声!!!

夕食をとったレストランでは なんとこの日 代表の勝利を祝し ビールは全て無料!!!!

その後道路にあふれるベトナム国旗を持った若者・若者・若者!!!!!!

この日私はタクシーで帰路につきましたが通常の2倍の時間を必要としました・・・

普段からバイクと車で大渋滞のハノイですがこの日は「ベトナム国旗」で渋滞になっていたような印象です。

しかしみんなこの表情・・・

お兄さんも

若者も

タクシー運転手さんも

みんな にこにこ 良い笑顔ですね。

 

次は 27日に 日本 韓国を破ったウズベキスタンとベトナムが決勝戦を戦います。

準決勝進出でもお祭り騒ぎのハノイが 優勝したらどうなるか・・・?

怖いもの見たさ半分 ここまで来たら優勝してほしという気持も半分で

ベトナム コーレ!!

 

 

 

 

 

カテゴリー: ベトナム, 文化, 現地

ハノイのサークルKに行ってみた

みなさんこんにちは。ハノイ駐在の下村です。

毎月たくさんのお客様が面接にここを訪れられますが、毎回決まってよく聞かれる質問があります。

それは、

「しもむらくん、コンビニとかどうしてるの?」

というものです。

実際にはこちらにもコンビニのようなお店はありますが

日本ほど何でも売っているという訳ではなく、店舗も小さく、どちらかと言うと小さなスーパーと言った印象です。

もちろん24時間営業でもありませんが慣れればそれも問題はありません。
その上、大きなスーパーも近隣に何店舗かある環境なので コンビニの有無はさして重要では無い事に気付かされます。

・・・・・

これではいけない。
ハノイにいる以上 コンビニ事情にも通じていなくてはならない。

と言うことで今回は日本でもおなじみのサークルKの店舗を覗いてみました。
ハノイのメインの観光エリアである旧市街やその近辺にはこのサークルKがいくつかあります。

立地が立地だけに店内は非常にせまい。。。特にレジ周りは品物であふれそうです。

品揃えは日本のコンビニに似ていますが、お菓子や食品の割合が高い印象です。

また、店舗によっても差が大きく お店の広さや品揃えはまちまちと言った感じです。

そして取り扱いブランドはこちらでよく出回っている物がメインになっています。

その理由は日本の商品はこちらではとても高価だからです。

¥1が約200VNDなのですが 日本製品の値段はだいたい日本の2倍・・

なので安価な 日本製以外の品物を多く取り揃えているのではないかと思われます。

この日本製品の価格差はコンビニに限らず どこでも同じです。ベトナムの人や日本以外からの観光客は日本での値段を知らないので逆に抵抗は無いのかもしれません。

組合ではハノイの面接を希望されるお客様には何種類かのホテルをご案内しておりますが

その中でもパンパシフィックホテルには歩いて行ける範囲内にこのサークルKがございます。

お越しの際には是非一度 覗いてみてください★

カテゴリー: ベトナム, 文化, 現地

実習生の在留カード

定期訪問として管理スタッフと共に毎月一度、実習生達の寮を訪問し生活状況を確認する事は当組合にとっては当たり前の業務です。
その際には、部屋が汚ければ掃除を指導し、部屋の鍵がかかっていなければ施錠の指導をする…できなければできるまで、何度も注意します。
鍵をかけ忘れるとどうなるか?ずっと掃除をしないままだとどうなるか?
そこまで考えて普段の行動をとるよう説得します。
そんな中で彼らも普通の若者であることが伺える仕事があります。

それは在留カード 更新の際の写真撮影です。

女子や一部の男子は撮影の前に長い時間をかけ鏡で自身をチェックします。
中には撮影のために着替えてくる者も…そして一人が着替えると何人もが自分も自分もと…
また、同期の他の実習生の撮影をしていると私の背後で彼を笑わせようとしてくる者も…
笑わせる方も笑わせられる方も本当に楽しそうに笑うのでさすがにこれには怒れません。

在留カードは受入企業様でもご確認される事も多いかと思いますが、顔写真まではまじまじとご覧になられることは少ないかと思います。
しかし実はその写真には色んな実習生の思いが詰まっていたりします。

新制度スタート

技能実習生制度は2017年11月1日から新たな制度としてスタートいたしました。
実習生の保護の観点から強化された点、逆に優良な実習実施者・監理団体に限定して拡充された点など、かなり大幅な変更となっております。

新制度についてみていくと、監理団体(組合)の監理責任はもちろんですが、
特に実習実施者(組合員様)に関する責任や制度に関する理解度の強化が図られたような感じがします。

大きな変更点として、実習実施者は監理団体の指導に基づいて実習計画について認定を受けなければなりません。
そう、あくまで作成者は実習実施者なのです。
実習制度について理解度が低いととてもじゃないですが計画策定など出来ません。

そういう事態にならないように、組合は全力で組合員様の計画策定をサポートいたします。
実習生達にとって、より良い実習環境が整うように組合としてもしっかりサポートしていきたいと思います。