実習生の在留カード

定期訪問として管理スタッフと共に毎月一度、実習生達の寮を訪問し生活状況を確認する事は当組合にとっては当たり前の業務です。
その際には、部屋が汚ければ掃除を指導し、部屋の鍵がかかっていなければ施錠の指導をする…できなければできるまで、何度も注意します。
鍵をかけ忘れるとどうなるか?ずっと掃除をしないままだとどうなるか?
そこまで考えて普段の行動をとるよう説得します。
そんな中で彼らも普通の若者であることが伺える仕事があります。

それは在留カード 更新の際の写真撮影です。

女子や一部の男子は撮影の前に長い時間をかけ鏡で自身をチェックします。
中には撮影のために着替えてくる者も…そして一人が着替えると何人もが自分も自分もと…
また、同期の他の実習生の撮影をしていると私の背後で彼を笑わせようとしてくる者も…
笑わせる方も笑わせられる方も本当に楽しそうに笑うのでさすがにこれには怒れません。

在留カードは受入企業様でもご確認される事も多いかと思いますが、顔写真まではまじまじとご覧になられることは少ないかと思います。
しかし実はその写真には色んな実習生の思いが詰まっていたりします。

新制度スタート

技能実習生制度は2017年11月1日から新たな制度としてスタートいたしました。
実習生の保護の観点から強化された点、逆に優良な実習実施者・監理団体に限定して拡充された点など、かなり大幅な変更となっております。

新制度についてみていくと、監理団体(組合)の監理責任はもちろんですが、
特に実習実施者(組合員様)に関する責任や制度に関する理解度の強化が図られたような感じがします。

大きな変更点として、実習実施者は監理団体の指導に基づいて実習計画について認定を受けなければなりません。
そう、あくまで作成者は実習実施者なのです。
実習制度について理解度が低いととてもじゃないですが計画策定など出来ません。

そういう事態にならないように、組合は全力で組合員様の計画策定をサポートいたします。
実習生達にとって、より良い実習環境が整うように組合としてもしっかりサポートしていきたいと思います。

 

人を虜にさせる国、ラオスの魅力!!

みなさん、こんにちはっ。

 

今回は東京支部よりお伝えしますー!

先日、ベトナムの実習生面接の際に、お客様のご希望でお隣の国“ラオス”へ行ってまいりました!!

今回2回目の訪問でしたが、また来たい!と思わせるとても魅力的な国でした。
ちょっと脱線しますが、その魅力を少しだけ紹介しますーー。

・・・まず、ラオスってどこ?!国?!?!

れっきとした国です。東はベトナム、南はカンボジア、西はタイ、北は中国、ミャンマーに接する東南アジアの内陸国です。
↓ココです

・・・人口は?宗教は??

約700万人、仏教国。信仰深く、お寺周辺には僧侶が多数います。

・・・気になる政治は??

民主主義国家であるが、人民革命党による社会主義型一党独裁政治が敷かれている。
ただ、現在「永世中立国」であるため、政治は非常に安定し、内戦、紛争の心配は無用!

静かで、安全で、人はやさしく、フレンドリー、時間がゆっくり流れる最後の秘境、といった感じでしょうか。
・・・文化は??

長年フランスの統治下にあった事もあり、街のあらゆるところに名残があります。

①ラオス版凱旋門!

②中からの眺望!

・・・食べ物は?!

想像つかないかもしれませんが、ベトナム料理とタイ料理の良いとこ取りで
とても日本人の口に合います。

①ジンジャー入りソーセージ(←これ絶品です)

②青菜スープ

③エビチャーハン(←アジアな香り満点です)

・・・観光スポットは??

国内には有名な世界遺産の街、ルアンパバーンもありますが、
基本的には有名なお寺たちが並びます。
東南アジアでこの綺麗な空、なかなか見られません。ラオスならではですね。

いかがでしたか??
少しは魅力伝わりましたでしょうか?活気があって発展にまっしぐら!という感じではありませんが、
その分ゆったりとした時間が流れ、人も食も文化も魅力的に感じます!
機会がありましたら、是非一度足を運んでみてください~!

実は国として日本へ技能実習生も派遣しています。
今後ラオスの実習生が多く日本で活躍できる日を祈ります!

落雷多発って大気汚染のせいか

皆様、こんにちは!

今日は先日見た中国新聞に載っていた一つのニュースを翻訳してご紹介させていただく。

中国で近年落雷事故が多発していて、大気汚染はその原因の一つだと専門の研究家から指摘されている。最近の統計を見ると、中国では毎年約4000人が落雷で死傷していて、かなり多いと思う。

政府から委託を受けて専門の研究家はいろいろなテストを実施した結果は、「摩擦作用によって大気中の大量の汚染顆粒(かりゅう)物が強い電場を生み、それが一定レベルに達すると雷撃によって突然放出される」と分かった。

1978年の「改革開放」以来、乗用車保有台数の増加、観光業の発展、人口の増加、建築の高層化、気候変動、電気設備の使用増、ハイキングの流行とともに、二酸化炭素の排出量が増えていて、落雷事故の増加につながっている。

皆様も今後中国へ行かれて滞在中に落雷に気をつけたほうがいい!

満了帰国を迎えたら【ベトナム編】

皆さん、こんにちは(^^ゞ

今回はベトナム人技能実習生が満了帰国を迎えた後をご紹介いたします。

技能実習生は3年間頑張って日本語や日本の技術を学びますが、やはり自国に戻ったらそれらを活かした仕事をしたいと考えるもの。

一生懸命頑張って身につけた言葉や技術をぜひ活かして頂きたいですよね。

帰国した実習生の中には、通訳として活躍するものも多数おります。

実習生が自国に戻った後は、やはり日本語能力検定試験に合格しているととても有利です。

 

ヤマトデータベース協同組合では実習生に対し、

1.組合主催で日本語能力検定の模擬試験も実施

2.日本語検定試験の受検の啓蒙

を行い、実習生の語学力向上に努めておりますが、

やはり日々の実習での企業様のご協力が不可欠です。

仕事を円滑に進める為にも、また、実習生の将来の為にも

ご協力をお願い致します。