実習生は1ヶ月組合での生活

実習生は入国したらすぐに奈良の本部で日本の生活と日本語を勉強します。

最初の日、関西国際空港から奈良の寮に着いて、寮のルールと寮の説明を皆に教えてします。

その日もスーパーの案内をします。

毎日実習生はお弁当を自分で作って、組合の学校で持って来ます。
私は実習生と近くに住んでいますので、皆の指導と案内はすぐに出来ます。
実習生が寮をきれいに使ってるかどうか1週間2回チェックに行きます。

近くで済んでいますので1ヶ月間だけでも実習生の性格少し分かります。
先日、実習生にとても助けられたことがありました。

私は風を引いてしまい、薬がなくて動けなかった時に、ある実習生が私代わりに薬と食べ物を買って来てくれました。
彼の家には組合にて母国の実家訪問もしたことがあり、とても、こちらの事も考えてくれる実習生です。

彼はもう企業様に配属され、奈良から旅立っていきましたが彼ならきっと3年間頑張れると思います。

人を虜にさせる国、ラオスの魅力!!

みなさん、こんにちはっ。

 

今回は東京支部よりお伝えしますー!

先日、ベトナムの実習生面接の際に、お客様のご希望でお隣の国“ラオス”へ行ってまいりました!!

今回2回目の訪問でしたが、また来たい!と思わせるとても魅力的な国でした。
ちょっと脱線しますが、その魅力を少しだけ紹介しますーー。

・・・まず、ラオスってどこ?!国?!?!

れっきとした国です。東はベトナム、南はカンボジア、西はタイ、北は中国、ミャンマーに接する東南アジアの内陸国です。
↓ココです

・・・人口は?宗教は??

約700万人、仏教国。信仰深く、お寺周辺には僧侶が多数います。

・・・気になる政治は??

民主主義国家であるが、人民革命党による社会主義型一党独裁政治が敷かれている。
ただ、現在「永世中立国」であるため、政治は非常に安定し、内戦、紛争の心配は無用!

静かで、安全で、人はやさしく、フレンドリー、時間がゆっくり流れる最後の秘境、といった感じでしょうか。
・・・文化は??

長年フランスの統治下にあった事もあり、街のあらゆるところに名残があります。

①ラオス版凱旋門!

②中からの眺望!

・・・食べ物は?!

想像つかないかもしれませんが、ベトナム料理とタイ料理の良いとこ取りで
とても日本人の口に合います。

①ジンジャー入りソーセージ(←これ絶品です)

②青菜スープ

③エビチャーハン(←アジアな香り満点です)

・・・観光スポットは??

国内には有名な世界遺産の街、ルアンパバーンもありますが、
基本的には有名なお寺たちが並びます。
東南アジアでこの綺麗な空、なかなか見られません。ラオスならではですね。

いかがでしたか??
少しは魅力伝わりましたでしょうか?活気があって発展にまっしぐら!という感じではありませんが、
その分ゆったりとした時間が流れ、人も食も文化も魅力的に感じます!
機会がありましたら、是非一度足を運んでみてください~!

実は国として日本へ技能実習生も派遣しています。
今後ラオスの実習生が多く日本で活躍できる日を祈ります!

月餅

今日はまたベトナムの文化として月餅を紹介したいと思います。

旧暦の 8月15日の中秋節の時、家族や親しい友人が集まり、月を愛でてこの菓子を食べる風習がある。現在は、中秋節が近づく頃、親しい人やお世話になっている人にこれを贈ることが盛んである。この習慣は元中国から交流されて、東南アジア諸国に伝えてきました。それで、諸国において自分の国に合うように調整して新たな習慣とそれなりに取り扱いの意味もそれぞれです。ベトナムでは、中秋節が秋の祭りで子供にむけの文化祭だと思われます。ベトナム以外は日本、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾、フィリピン、韓国などでこの習慣も共通していすが、月餅の中身は彩味です。例えば、タイ、フィリピンにおいて中身ドリアンの月餅に人気があります。日本は一年中月餅を販売していますが、殆ど甘い味です。ベトナムは主に月餅が柔らかい月餅と焼き月餅と2種類でよく販売して、その中に蓮種がはいっている中身の月餅には大人気です。また、日本に滅多にない塩味卵の中身の種類もあります。それは日本人の口に味が合うかどうか分かりませんが、観光客に大人気で評価されています。是非一度ベトナムの月餅を味見にしてね!

参考:https://www.google.co.jp/search?q=banh+trung+thu&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiYifHknL_WAhUBG5QKHfdHC7cQ_AUICigB&biw=1093&bih=530

落雷多発って大気汚染のせいか

皆様、こんにちは!

今日は先日見た中国新聞に載っていた一つのニュースを翻訳してご紹介させていただく。

中国で近年落雷事故が多発していて、大気汚染はその原因の一つだと専門の研究家から指摘されている。最近の統計を見ると、中国では毎年約4000人が落雷で死傷していて、かなり多いと思う。

政府から委託を受けて専門の研究家はいろいろなテストを実施した結果は、「摩擦作用によって大気中の大量の汚染顆粒(かりゅう)物が強い電場を生み、それが一定レベルに達すると雷撃によって突然放出される」と分かった。

1978年の「改革開放」以来、乗用車保有台数の増加、観光業の発展、人口の増加、建築の高層化、気候変動、電気設備の使用増、ハイキングの流行とともに、二酸化炭素の排出量が増えていて、落雷事故の増加につながっている。

皆様も今後中国へ行かれて滞在中に落雷に気をつけたほうがいい!

実習生からのおみやげ

先日、実習生からおみやげをいただきました。
特に最近の実習生の特徴として、出身国に関わらず気遣いが出来るものがだんだんと増えてきているという話は他のスタッフからも時々耳にします。
今回、私におみやげをくれたのは中国の実習生。

10パターンの「福」の字をモチーフにした切り絵のセットでした。
これなら荷物になりませんし、日本ではなかなかお目にかかる事は難しい中国らしいおみやげだと思います。

気遣いのできる彼女の3年間にもたくさんの福がありますように!

それぞれの絵のどこに福があるでしょうか?

探してみてください。