海の日

「海の日」は皆様海に行かれましたか?

中国出身の私が「海の日」は夏場熱中症にならないよう、日本政府はみんなで海辺で遊ぼうという趣旨で制定された祝日だと勝手に解釈をしました。(笑)

実際、調べてみた所、ご存じの通り、本来海に行こうと呼びかける目的ではなかったです。(*^^*)

1876年明治天皇が明治丸で横浜に帰着した日に「海の記念日」とされて、1995年は「海の日」として制定されて、1996年から祝日と実施されましたので、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」で設けられたのは本来の趣旨のようです。

国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事を実施してきたので、現在、海で様々なイベントが開催されて、「海の日」は皆で楽しんでいるようです♪

国土交通省によると、「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ」と言います。

日本は海に囲まれる海洋国なので、「海の日」の由来を理解して、海の恩恵に感謝しなければなりませんね!^^

 

カテゴリー: 文化

「竜抬頭」の日

今年の3月18日は旧暦の2月2日です。中国では「竜抬頭」(竜が頭を上げる)と呼ばれている日です。

中国の伝説では、この日潜んでいた竜王もが冬眠から覚めて頭を上げて昇天するという想像から,竜抬頭と呼んだようです。この日は農業が始まる日とも言われています。

多くの地域の伝統では、春節が終わってから「竜抬頭」までは、髪を切ると縁を切ってしまうので、縁起が悪いとされていますが、この日は散髪するのが縁起が良いです。

子供たちはもちろん、多くの大人が運気が高まる為に、みんなは一斉に散髪をして、爽やかな気持ちで春を迎える準備をしています。そのおかげで、美容室は朝から晩まで大忙しいです。^^

ただし、竜抬頭は中国でも北の方の考えで、同じ中国でも南の地域では、
逆に「龍の体を傷つけてはいけない」という想いから刃物を扱わないという伝統もあるようです。

中国は広いですね!(O^^O)

 

 

 

カテゴリー: 中国, 文化

満了帰国♪

実習生は満了帰国を迎えました♪

3年間を頑張ってもらって、無事に帰国できるのは企業様、組合にとってうれしい?いいえ、寂しい?いいえ、うれしいけど寂しいことです。

空港まで見送りする時に、実習生は笑顔を見せてくれたり、涙を見せてくれたりしました。

3年間を生活した日本から離れるのは実習生にとっても複雑な気持ちでしょう。

日本で学んだ知識を活かして、母国で夢を実現できることを祈ります。^^

 

カテゴリー: 中国, 実習

熱中症をみんなで気をつけよう

今年、近畿地方の梅雨がまだ明けていないのに、既に猛暑が続いています。

体が暑さに慣れないと熱中症にかかる危険がありますので、暑さに負けない体を作って、熱中症を予防しましょう。

熱中症の対策として、こまめに水分を取るのが挙げられますが、高温多湿の環境で長時間にいると、汗を大量にかくことによって、体内の水分と共に塩分やミネラルを奪われてしまって、水分だけを補給すると、血液中の塩分・ミネラル濃度が低くなって、熱中症の症状が現れる可能性がありますので、水分の他、塩分、糖分もこまめに補給しましょう。

また、猛暑が続くと、食欲が低下し、夏バテになる方が多いので、暑さに耐えられる体作りをする為に、バランスの良い食事が非常に大切です。

十分な睡眠をとって、適度な運動をして、みんなで熱中症を気を付けて、猛暑を乗り越えましょう。

 

カテゴリー: 実習, 文化

工場見学後の笑顔

組合で日本語、社会マナー等の勉強を頑張っている実習生に日本の職場に慣れてもらう為、企業様から工場見学のチャンスを頂きました。^^

職場の環境、雰囲気、仕事の内容等を実習生に体感してもらった後、素敵な笑顔を見せてくれて、安心した様子でした♪

実習生活はこれからですが、応援する側の私も責任感を感じます。

実習生の為に、頑張ります。*^^*

 

カテゴリー: 実習