【週刊】 実習生_NOW

灼熱列島 熱中症にご注意ください!

総務省消防庁の発表によると、2019年7月29日~8月4日までの1週間における熱中症による救急搬送者数が1万8347人(速報値)で、前週の約3,2倍に急増しており、死者は57人となっています。

午前10時の時点で30℃を超え、全国的に最高気温が35℃を超える猛暑日となる危険な暑さが続いており、熱中症対策がとても重要となっています。

熱中症の症状は様々ですが、めまいや筋肉の硬直、頭痛や吐き気、さらにひどくなると意識障害やけいれんなどを引き起こします。高温多湿な日本各地では、屋外のみならず屋内においても熱中症への対策が必要です。

  • こまめに水分、塩分を補給する
  • 空気と体を適度に冷やす
  • 栄養のある食事と十分な睡眠をとる
  • 外出時は帽子や日傘などで直射日光を避ける 等

慣れない環境で生活している実習生は特に、ぜひ受入れ企業様と相談しながら職場や寮での熱中症対策を考えてみてください。自分に合った対策をしながら、暑い夏の間も有意義な実習生生活を送ってください。

 

 

One thought on “灼熱列島 熱中症にご注意ください!

  1. モグ

    「今年が今までで一番暑いんじゃないか…」
    と、毎年思うほど暑いですよね。

    この暑さと湿度、自分が思っている以上に体に負担がかかりますね。
    自分は大丈夫と過信しないように気を付けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です