【週刊】 実習生_NOW

企業から見た「外国人技能実習生」

最近、外国人技能実習生の数が増え続いてきました。いったい、企業がどのように実習生をみているのでしょうか。

ある企業へのインタビューで以下のような答えを得られました。

ある企業の担当者より次のように述べられました。「10年前初めての受入れで、何もわからない中からスタートでした。

やはり言葉や文化の壁の不安も大きかったですが、まず、中国にて面接に行って、彼等の取り組み方、姿勢を見て、心を打たれました。来日までの期間が待ち遠しかったです。

今まで12人ぐらい受け入れてきましたが、とても明るく一生懸命で、職場や来社される取引先の方からも高い評価を頂いてます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です