あけましておめでとうございます

2018年明けましておめでとうございます。

昨年11月より、いよいよ本格的に開始されました「技能実習法」。

企業様には今まで以上に適正運用を行うことが求められ、

組合にはよりしっかりとした監理を求められます。

これからも実習生達がしっかりと実習を3年間まっとうし、

企業様が安心して受入れられるように

様々な面でサポートしてまいりますので、

よろしくお願いいたします。

また、不明な点がございましたら何なりとお問い合わせ下さい。

カテゴリー: 実習

今年もありがとうございました。

年の瀬が迫ってまいりました。

2017年は技能実習制度の新制度が11月より開始されて

良いも悪いも制度変更を中心に様々なことがありました。

そんななか外国人技能実習生達は、皆、よくがんばってくれました。

来年も実習生にとっても企業様にとっても良い年であることを

願っております。

又、誠に勝手ではございますが、

ヤマトデータベース協同組合事務局は12/29-1/4の間

お休みとさせていただいております。

よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 実習

月餅

今日はまたベトナムの文化として月餅を紹介したいと思います。

旧暦の 8月15日の中秋節の時、家族や親しい友人が集まり、月を愛でてこの菓子を食べる風習がある。現在は、中秋節が近づく頃、親しい人やお世話になっている人にこれを贈ることが盛んである。この習慣は元中国から交流されて、東南アジア諸国に伝えてきました。それで、諸国において自分の国に合うように調整して新たな習慣とそれなりに取り扱いの意味もそれぞれです。ベトナムでは、中秋節が秋の祭りで子供にむけの文化祭だと思われます。ベトナム以外は日本、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾、フィリピン、韓国などでこの習慣も共通していすが、月餅の中身は彩味です。例えば、タイ、フィリピンにおいて中身ドリアンの月餅に人気があります。日本は一年中月餅を販売していますが、殆ど甘い味です。ベトナムは主に月餅が柔らかい月餅と焼き月餅と2種類でよく販売して、その中に蓮種がはいっている中身の月餅には大人気です。また、日本に滅多にない塩味卵の中身の種類もあります。それは日本人の口に味が合うかどうか分かりませんが、観光客に大人気で評価されています。是非一度ベトナムの月餅を味見にしてね!

参考:https://www.google.co.jp/search?q=banh+trung+thu&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiYifHknL_WAhUBG5QKHfdHC7cQ_AUICigB&biw=1093&bih=530

カテゴリー: 文化

Bat Trang 陶器の村

今日はベトナムの陶器についてご紹介致します。

4千年以上の歴史であるベトナムは文化が回りの諸国と合流しています。その中はベトナム的な伝統文化として昔から維持している陶芸である。ベトナムでは昔からも陶芸について人気があり、全国で各都道府県に陶芸村が立ち上げて陶器が使わていました。陶器は家庭でビン、土鍋など日常生活的な物から風水的な飾り物まで作られています。ハノイ周辺では有名な陶芸地があり、よく知られている 「BAT TRANG」村であります。

参考:https://www.google.co.jp/search?q=l%C3%A0ng+g%E1%BB%91m+b%C3%A1t+tr%C3%A0ng&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjx9IqmtZbUAhWGebwKHTxdDOkQ_AUICygC&biw=1093&bih=530

「BAT TRANG」村はハノイから東南に15㎞ぐらい離れているところで、GIA LAM 市にあり、車で30分ぐらいかかります。ハノイ中心より近いしバスもあり交通の便が非常に便利です。「BAT TRANG」という名前は漢字で書くと「 鉢場」になります(昔はベトナムで漢字も使っていました)。10世紀にベトナム建国したところで元々この陶芸村が存在していました。ここではさまざまな陶器を作って、ベトナム国内だけではなく外国にも提供しています。

参考:https://www.google.co.jp/search?q=b%C3%BAn+ch%E1%BA%A3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiMpuvHvJbUAhUHsJQKHdP4CFAQ_AUICigB&biw=1093&bih=530#tbm=isch&q=g%E1%BB%91m+s%E1%BB%A9+b%C3%A1t+tr%C3%A0ng

現在は伝統陶芸を維持しながら、「BAT TRANG」村が観光地として非常に人気があります。旅行客はここで陶器作りを見ることができるし、芸人の指導を受けながら自分で陶器作りを試すこともできます。そして、ここでは「BUN CHA」がとても美味しいです。

参考:https://www.google.co.jp/search?q=b%C3%BAn+ch%E1%BA%A3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiMpuvHvJbUAhUHsJQKHdP4CFAQ_AUICigB&biw=1093&bih=530

ハノイに行くチャンスがあれば是非陶芸村にお越しください。

カテゴリー: ベトナム

ベトナム的なローマ字書道

新年明けましておめでとう御座います。

今日はベトナムの正月について一つの文化を紹介したいと思います。

新年に当たり良い一年を迎える様に人々が初詣に行ったりします。ベトナムも同じですが、その他には書道町に行って法書を貰う習慣があります。昔から、東南アジアの国々は中国の文化の影響で漢字も伝わって来て、ベトナムもその影響を受けて漢字を長い期間で使われていましたが、日本語と同じ様に訓読みと音読みがあってまた漢字の使い方も多少異なりました。そして、漢字の書道も受け入れました。

「書道」はベトナムにおいて漢字で書くと「法書」というのです。最初は法書には漢字の文化で伝わって来たものです。ベトナムは17世紀から西洋の文化を受けてローマ字を伝わってきた以降、ベトナムの国語になりました。しかし、漢字は消えることなく、訓読みと音読みはローマ字にして現在まで使われています。従って、法書はルールや書き方をそのままにしてローマ字を適用しました。そこから、ベトナム的なローマ字法書が生まれました。例えば「福」という漢字はベトナム語で 「PHúC」で書いて、同じな意味で使わています。そして、法書にしてどの様なものかネットでよく見られますが、下記のリンクに参考してください。

「福」

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%9B%B8%E9%81%93&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwizypCEpqzRAhWFnpQKHX8XAxUQ_AUICCgB&biw=1366&bih=651#tbm=isch&q=ch%E1%BB%AF+ph%C3%BAc+th%C6%B0+ph%C3%A1p

「PHÚC」

https://www.google.co.jp/search?q=thu+phap+viet+nam&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiE7syWpqzRAhVLlZQKHYitBQgQ_AUICSgC&biw=1366&bih=651#tbm=isch&q=th%C6%B0+ph%C3%A1p+ch%E1%BB%AF+ph%C3%BAc

 

また、自分の名前はローマ字で表記して法書も可能です。

因みにベトナムは旧暦もカレンダーも使っていますが、旧正月の方は賑やかです。ベトナムの旧正月に行く時はお寺や神社の周辺に法書をよく見かけます。どうぞお楽しみに!

カテゴリー: ベトナム