実習生達の口癖は何でしょうか?

日本に住んでいる実習生達はだいたいが最初は言葉の壁にぶつります。実習生達は日本に来て1ヶ月くらい日本語研修センターで日本語などを勉強します。授業中に「トイレに行きたい」と言いたいけれど日本語がわかず、「お腹に水が多くて外が出たい」というのが精一杯だったとのことでした。配属後は誰かに日本語で質問されると何に対しても「はい」と返事していました。実は、上司や先輩が怖くて意味が分からなくても「はい」と返事すればその当時は大丈夫だと思っていたのです。しかし「はい」と答えたら相手はああ!分かっているのだな、細かく実習生に教えなくても大丈夫だな、と思い製品不良や仕事が進められなかったり間違ったり、色々大変なことが起こりました。そんな中でも2,3年自分で頑張って日本語を勉強し、日本語能力試験のN2に合格した実習生もいました。日本と母国の文化は習慣が違うのでとても大変でしたが、いつも夢を持ち、笑顔で頑張り生活、一番いいと思います。

カテゴリー: 実習, 文化

One Reply to “実習生達の口癖は何でしょうか?”

  1. 海外旅行の際、英語が聞き取れず、わからないながらに「Yes」と返事をしたことを思い出しました。ついつい肯定の返事で乗り切ろうとするのは日本人だけでないのだと少し安心もしましたが、わからないときはきちんと聞くという姿勢の大切さを改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です