【週刊】 実習生_NOW

政府方針(骨太の方針)

政府は2018年6月に「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)で
外国人労働者について新たな在留資格を設ける方針を発表しました。

その中には実習を修了した技能実習生も一部対象となるなどが想定されて
いるようです。
昨年11月に技能実習生に関する新法が施行され、まだまだ混乱が続く中での
入管法改正案となり、更なる混乱が想定されそうです。

入管法改正案が成立するかどうかは今秋以降の議論となり、現時点では何とも
言えませんが、これから数年で、技能実習生や外国人労働者に対する環境がめ
まぐるしい変化を向かえることは間違いないと思われます。

組合といたしましても、組合員の皆様に迅速に情報を提供できるように
各方面からの情報収集に努めて行きたいと思います。

One thought on “政府方針(骨太の方針)

  1. うなぎいぬ

    実習生の皆さんや企業様にとってより良い制度になるといいのですが・・・更なる混乱には困ったものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です