【週刊】 実習生_NOW

技能実習生へのイメージ変化

技能実習制度は国際貢献の一環として、企業や団体が途上国から外国人を受け入れる制度であります。

15年ほど前には多くの中小企業及び零細企業として実習生らのことを安価な労働力にすぎないという考え方を持っていた方がおおかったのではないでしょうか。

しかし、最近5年くらい多くの企業において徐々に実習生らのことを貴重な人材と認識し始めて、明らかに実習生への対応やイメージに変化が起きてきました。一例として外国人実習生を受け入れている企業A社によれば、技能実習法などの法律に従って、実習生の賃金が日本人を上回る場合もあります。

費用面をみればもう実習生は安い労働力ではりません。海外進出や多文化理解もでき、さらに国際貢献につながる貴重な人材としてとらまえています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です