【週刊】 実習生_NOW

新しい在留資格「特定技能1号」の導入

本年4月より新制度である「特定技能1号」が実施された。

同様の制度として従来から技能実習制度があるが、この制度では労働者としては扱われず、実習生すなわち実習が目的であった。

しかし、実習生の気持ちとすれば、労働者であった部分が無いとはいえない。

そこに、この新制度が導入された。

この新制度では労働者として雇用し、来日させる事となった。

日本の現状からすれば人手不足は継続し、実習生に依存する状況もしばらくは続くものと思う。

という事は、今後実習生に対する待遇面も一段とアップするであろう。

そして日本でもっと長く働きたいと希望する実習生にとってはチャンス到来という事である。

職種の限定はあるが、実習生を卒業したら、「特定技能1号」へ移行申請をするのである。

まず、3年間(or 5年間)実習生として勤務し、技能と日本語を習得し、その後特定技能1号へ移行する。そうすれば更に5年間日本で働く事が可能となった。。そうする事で日本の労働力不足にも貢献できるのである。

上手く行けば、更に強いWin-Winの関係が築けるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です