外国人技能実習生にとり一番必要な事

今更とは思うけど、実習生にとり一番必要な事とは何だろうと考えた時、

やはり、日本語の習得であると思う。

実習生にとり日本は外国である。これまでほとんど触れたことがない日本語に、ある日を境に半強制的に勉強をさせられ、習得、向上を強いられるのである。

自ら、日本行きを希望したものの、積極的に日本語習得に励み、上達するのは大変であろう。

翻って我々日本人も、中学、高校そして大学と長年英語を勉強するのだが、

どれだけの者が英語を話せるようになるかは、推して知るべしである。

だから実習生が日本語を話せなくても仕方がない・・ではないのである。

彼等は技能習得を通じ、仕事をする為に来日しているのである。

ハッキリとした目的を持っている(持っているハズである)。

日本語が理解できないでは技能習得は困難であるし、また仕事以外の生活面でも日本人との意思疎通ができなければ、生活をエンジョイする事も難しい。

やはり一番必要な事は、日本語をある程度習得し、日本人と意思疎通ができる事。まずはこれに尽きると思う。

特に来日して半年から一年間、いかに日本語習得に励むかがポイントになる。

3年ないし5年間と限定された実習期間ではあるが、彼等には日本語を理解し、有意義な日本での実習生生活を送ってほしいものである。

カテゴリー: 未分類