【週刊】 実習生_NOW

落雷多発って大気汚染のせいか

皆様、こんにちは!

今日は先日見た中国新聞に載っていた一つのニュースを翻訳してご紹介させていただく。

中国で近年落雷事故が多発していて、大気汚染はその原因の一つだと専門の研究家から指摘されている。最近の統計を見ると、中国では毎年約4000人が落雷で死傷していて、かなり多いと思う。

政府から委託を受けて専門の研究家はいろいろなテストを実施した結果は、「摩擦作用によって大気中の大量の汚染顆粒(かりゅう)物が強い電場を生み、それが一定レベルに達すると雷撃によって突然放出される」と分かった。

1978年の「改革開放」以来、乗用車保有台数の増加、観光業の発展、人口の増加、建築の高層化、気候変動、電気設備の使用増、ハイキングの流行とともに、二酸化炭素の排出量が増えていて、落雷事故の増加につながっている。

皆様も今後中国へ行かれて滞在中に落雷に気をつけたほうがいい!

One thought on “落雷多発って大気汚染のせいか

  1. YDB Ikeuchi

    雷って、そんなことが原因で起こるんですね!
    初めて知った!こわっ(><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です