【週刊】 実習生_NOW

実習生制度に対する評価

厚生労働省の発表によれば2017年10月末時点の外国人労働者が127万8670人となった。その中で、技能実習生が25万7788人、留学生が25万9604人を占め、ともに2割以上増え、日本全体の雇用者数の約2%を占める水準となっている。

この様な環境下、去年11月より実習生制度が改定され、実施されました。

実習生にとり日本で技能、技術の向上を図り、日本人と同等以上の報酬を得る事ができる様になれば実習生制度に対する魅力が一段と高まるものと思います。

今回の改正で実習生の活躍度が一段とアップすれば実習生制度に対する世間の評価も更によくなると考えます。

2 thoughts on “実習生制度に対する評価

  1. nakako

    技能実習生の需要も高まっているんですね。より良い制度になるといいですね。

  2. Canica

    今後労働人口が減少していく中で、ますます外国人実習生の活躍が期待できますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です