【週刊】 実習生_NOW

29億人の大移動って

皆様、こんにちは!
 今年中国の旧正月は2月4日だ。中国の旧正月といったら何が印象的なことなのか?私にとっては短期間の大移動だった。
 想像を越える大規模な里帰りは、中国の旧正月である春節を象徴する風景だ。人口14億近く、面積も日本の約25倍もある中国は、今年春節の連休も2日から10日まで9日と長い。実際には半月や1ヵ月の休暇が与えられる企業も少なくない。
 陸海空が合同で帰省客を乗せる「春節特別運送(春運)」期間は、今年1月21日から3月1日までの40日間。列車の切符の前売りはこの期間の開始60日前の昨年11月24日に始まって、今年は全国で30億人が移動すると予想されている。
大規模移動の後は、「春節後症候群」という副作用が生じたりもする。春節の休暇には都市に来ていた1億3000万人の日雇いや工場労働者が里帰りするが、彼らの一部が休暇が終わっても帰らず、一時的に労働者不足現象が生じることをいう。今年は農村の景気が良くなく、居続ける人は多くないという見通しも出ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です