おっ?おっと!!頑張れ日本語の巻。

 

 

こんにちは、内藤 です。

 

ついにジメジメ季節到来ですね・・・涙

 

そんな季節の前に・・・

 

先月、個人的にBBQをしまして、、その中で少し変わった事がしたかったので、流行の鉄板ナポリタンを作ってみました。

 

 

 

 

IMG_0635

 

 

意外と好評でした!焼きそばに代わる救世主、皆さんもぜひ試してみてください^^;

 

 

さて・・・

 

 

先日某企業様の実習生を訪問しました。配属1ヶ月ですが、すっかり馴染んで楽しそうに頑張っており、

 

 

たまたま「1ヶ月を経過してみて」の感想文を書いたという事で、見せてもらいました(一部抜粋)。

 

 

20150603115351535

 

 

 

一生懸命日本語を勉強している成果が出て微笑ましい限りです。

 

 

 

ん?ちょっと待って・・・。「あいつら」??!!!

 

 

あの真面目一徹の実習生がまさかの・・・。しかも企業様に提出している・・・。そんな言葉どこで仕入れたのか?!

 

 

一瞬冷や汗が流れましたが、その場で訂正。本人も赤面し笑い話で解決しました(笑)

 

 

どうやら辞書でちゃんと調べた、という事で・・・どんなスラング辞書なのか、知りたくなりました。

 

 

 

真面目が裏目に出てしまった・・・おしいっ!お話でした。

カテゴリー: ベトナム, 実習

各地域の住民届の知らせ

住民票(住民基本台帳)には、氏名、生年月日、性別、住所、世帯主との続柄などが記録され、国民健康保険、国民年金、児童手当など各種行政サービスの基礎となっています。
お住まいの市区町村で、行政サービスを確実に受けられるようにするため、引っ越しなどにより住所を移した方は、速やかに住所変更の届出を行って下さい。
また、現住所で住所の届出をしていない方や住民票が消除されたままの方は、正しい届出が必要となります。
実習生や外国人の方は市役所から黄色の封筒を届けると思いますが、届いた方は案内の様に、記入の上手続きをしてください。

anh 1

カテゴリー: 実習

携帯電話の契約の件

実習生達へ!

最近、携帯電話の件に関して、一つのトラブルを対応致しましたので、同じことを起こさないように皆に伝えたいと思います。

ある実習生は去年携帯電話を契約しました。契約するのに説明を受けた時、内容が分からないのに、手続きを早く終わらせたくて、なんでも「はい」「はい」と返事してくれました。結局、初月の電話代は一万円以上、次に毎月一万円ぐらい、高くてお支払いが出来なくなりますので、今月解約することにしました。解約金を含めて、最後のお支払いした金額は5万円だそうです。

実習生達は日本に来て、家族に連絡する為、携帯電話を契約したくてしたくて、その気持ちを理解出来ますが、日本語が分からないまま自分で契約すると後で大変なことになります。

仕事と同じように、わからないと「分かりません」とはっきり言わないと仕事を失敗して余計に怒られます。分からないのに怒られることが怖くて「分かりました」と返事してはいけません。

実習生達は日本の生活に慣れるまでにいろいろな悩みがありますが、せっかく日本に実習に来たので、後悔しないように三年間真面目に頑張ってほしい。

来日激減???

皆様こんにちは!近年中国国内の平均給料が高くなって、そして円安が進んでいる状況の中に、実習生として日本にくる魅力がなくなって人が集まるかとの疑問をお持ちくださる方が少なくないと思いますが、今年に入って中国面接を3回ほど立会いいたし、来日を志望する若者がまたいっぱいいるとすごく感じました。なぜかというと、この30年経済の高速な発展で中国人の収入が多くなって裕福な生活が過ごせるようになったとのイメージを世界中の人々に与えていましたが、貧富の差がどんどん大きくなって貧乏な家庭の生活状況が更に悪化しているのは現実です。

「嘘だと思ったら、一度いらっしゃってみてください。」

IMG_0626

カテゴリー: 中国, 文化, 現地

「実習生は大丈夫?」

皆様

こんにちは
実習生ってどのような方々でしょうか?日本で3年間無事に滞在出来るでしょうか?受入れた場合は日本人社員と上手くお付き合い出来るでしょうか?
実際私が担当しているほとんどお客様から受け入れ前から聞かれる質問です。
もちろん、皆様お買い物する前にきちんと考えてから購入するのと同じで、実習生は人間ですのでなお更慎重に検討しなければなりません。
私が知っている限りではこの制度利用している企業様は95%以上継続しております。
なぜでしょうか?実は実習生の皆さんは日本人の若者とそんなに変わることがなく、明るくて活発な方が多いです。言葉が上手になれば社内でも不可欠な人材になっている方も多く、各企業様が継続される理由の一つだと思います。

IMG_0584