ベトナム的バイク事情

皆様はベトナムと聞くと何を思い浮かべますか?
フォー、パクチー、アオザイ、ホーチミン・・・色んなものが思い浮かぶと思いますが中でも激混みのラッシュアワー!多すぎるバイク!な、カオスな交通事情もベトナムの大きな特徴の一つではないでしょうか。
特にベトナムへ行かれたことのある方にとっては印象深く記憶に残っているかと思います。
今回はこのベトナムのバイク事情についてお話したいと思います。

① すごいぞ日本製!
ベトナムではここ5年、毎年300万台(!)前後のバイクが新車で販売されています。
その中でもホンダがシェアトップで16年には全体の70%という驚異的な数字をたたき出しています。さらにここに、ヤマハ、スズキも加わると、全体の8割以上が日本製というような状況となっています。
確かにハノイの町中でもバイクのホンダ率は極めて高く逆にホンダ以外のバイクを目にする機会は多くないように感じます。また、ハノイ市内では多くのホンダのショップを見る事ができます。

② すごいぞベトナム人!
ベトナムでよく見かけるバイクの多くは110cc前後です。
日本でも最近125cc前後の小型バイクが利便性からか増えたように感じます。皆様も最近、ピンク色のナンバープレートのバイクを見られた事があるのではないでしょうか。
この利便性や渋滞が多い交通事情を考えるとこのサイズが最もベトナムにマッチしているのかもしれません。
が、それらよりも大きいのはベトナム人です。
子供、野菜、建築資材から大きなTVまで!彼らは何でもバイクで運んでしまいます。彼ら彼女らにとってはバイクのサイズは大きな問題ではないのかもしれません。よくベトナム人の特徴として「器用」であることがあげられますがここでも如何なく発揮されております。

③ これからどうなる?
ベトナムでは近年kawasakiが大型バイクの販売を開始しました。
また、ホンダからもMSX(日本ではGROM)という趣味性の高いバイクが販売されています。高額である事からも実際にこのようなバイクが走っている姿は首都ハノイでもまだ見る機会はほとんどありません。しかし、これまでの実用性重視から趣味、楽しみへ。生活する上で結びつきの強いバイクのこれからの変化はベトナムの豊かさの向上を示す一つのパロメータと言えるかもしれません。

2月の記事4

2/25の記事です

 

家族と離れて遠い日本で仕事をしている技能実習生達はストレスが溜まっていると思いますが、その時は、自分の家族を考えて、あまり落ち込まずに相談に乗ってくれる人を相談する様にしてください。

せっかく日本に来て、技術だけではなく、日本語や日本のマナー等を習得したら将来的に役に立つと思います。

組合としては実習生が三年後帰国する際に「日本に来てよかった」と言えるように日々努力しております。

2月の記事2

2/12の記事です

2月10日、実習生3人は満了帰国しました。3人とも「日本に来てよかった。機会があればもう1回来たい」って言った。
そして、3人とも日本に来た時と比べると凄く綺麗になったので、その秘訣を聞くと「特に何もしてない、やはり日本の空気と水が綺麗だったかなあ」と答えた。
それを聞いたら、改めて「日本って素晴らしい国だ。」って感じた!!!10341841_714309208682089_1046544757369198410_n 10991163_714309205348756_607086626682835428_n