日本語能力試験を頑張りましょう。

後1ヶ月弱、2017年第2回日本語能力検定試験になります。

今回も多くの実習生からの申込を受けました。初めて受験する実習生は結構緊張して、よく試験について質問してきました。

10月1日、関西地区で組合主催日本語能力検定 模擬試験が終わりました。次は11月26日に、中部地区で同じの模擬試験を行う予定です。この組合主催模擬試験は、受験者にとっていい練習であり、又自分の能力が測定できる試験だと思います。10月の試験の結果結果では、12月に受験する実習生の中、良い点数で合格した実習生が多いです。皆が真剣に勉強しているなあと感じました。後1カ月もならないですが、本試験も合格するよう、試験の勉強を頑張りましょう。

実習生の皆、これから寒くなるので、自分の健康にも気をつけて、頑張ってくださいね。

P/S:3年の実習期間を終えて、日本の大学に留学したいので、どうしたらいいのかと、時々実習生に聞かれました。日本の大学に入りたいならば、第一歩は日本語の勉強だと思います。最低日本語能力検定N2を収得しないと難しいですので、先ずN2を目指してください。

下記は、日本の大学及び奨学金についての情報を載せるサイトをご紹介します。日本語、英語、ベトナム語、中国語など、各言語で書いてあります。

関心を持つ実習生又方々はご覧になってください。

https://www.jpss.jp/ja/

実習生の家庭菜園、凄い。

最近、A社の実習生の寮を訪問して、実習生に菜園をみせてもらってびっくりしました。いや、びっくりするより、実習生たちが嬉しく自分たちの菜園を見せてくれたその笑顔を見て、自分もパワーをいただきました。

元々放棄された会社の畑で雑草だらけでしたが、実習生3人が会社に配属して、たった2ヶ月でこんなに家庭菜園を作り上げました。自分たちの食材にするだけではなく、社長の家族や近所の方にもあげたようです。私もたくさん頂いてしまいましたが…(^。^) もらう側だけではなく、あげる側こそ嬉しかったと感じました。

A社の実習生だけではなく、他の企業様の実習生もこのようなことができる実習生がたくさんいます。

小さいことでありますけど、それは実習生たちが地域の生活に馴染んで行こうとしている一つの証拠ではないかと思います。

日本に来て、言語も文化もあまり分からなくて、辛いことが多いはずですが、前向きで頑張っている実習生がたくさんいます。そこに企業様にコミュニケーションを取りやすい環境を作っていただければ、実習生にとって幸いです。きっと実習生活がより楽しくなり、日本語も仕事も成長できると思います。

今年も花見を楽しみましょう〜 2017年版 桜開花予想

二月があっという間に過ぎました。寒い日がもうちょっと続きそうですが、気温が段々上がってきて、春の暖かい日差しを感じ始めました。今年の花見の季節もそろそろですね。

日本に来て7年目になりましたが、毎年花見を楽しみにして、毎回毎回、初めてのように、綺麗な桜並木に感動しました。実習生の皆、特にまだ桜を見ていない人も桜を楽しみにしているだろうと思います。今年も桜花見を楽しみましょう〜

2017年 桜開花予想についてご紹介します。

ウェザーマップの発表によれば、2017年の桜は、西日本では平年よりやや遅め、北日本では平年よりやや平年より早めとの見込みです。全国的に3月の下旬に開花し、見頃は4月に入ってからとなりそうです。

重要な都市の開花傾向を見ると

地点                開花予想日       満開予想日       開花日(昨年)        開花日(平年)

札幌               :4月30日              5月4日               4月25日                5月3日

東京               : 3月25日             4月2日               3月21日                3月26日

名古屋           : 3月27日              4月5日               3月19日                3月26日

京都               : 3月29日              4月6日               3月23日               3月28日

大阪               : 3月30日              4月7日               3月23日               3月28日

福岡               : 3月24日               4月4日              3月19日                3月23日

桜の開花期間は約一週間で花が散りますが、花が咲いてから、気温が下がると、花が長く持ちます。逆に雨が降ったり、強い風が吹くと花が早く散りますので、早く花見に行った方がいいと思います。

あくまでも現段階での予想です。今後の気温などにより、開花の時点は左右があります。

参考リンク:http://sakura.weathermap.jp/smt/

“今年も花見を楽しみましょう〜 2017年版 桜開花予想” の続きを読む

ある夜の出来ことについて

ある夜、組合で講習中の実習生から電話がかかってきました。

「先生、さっき寮の近くを散歩していたら、財布を拾いました。一応、交番に持っていって、警察官に届出しました。それで大丈夫でしょうか?先生の名刺を警察官に渡しておいた方が良いですか」という連絡でした。「警察に届出したのならば、問題がありませんよ」と彼らに伝えました。本人たちは安心したようです。

皆は、日本に来て2週間もたっていなかったので、分からないことが多い状態です。入国前、母国で日本語や生活マナーの事前教育を受けましたが、実際に日本に生活しないと、慣れてこないことも多いと思います。教えてあげても、繰り返し忘れたり、間違ったりすることもあります。異文化だから、しょうがないだろうと諦めずに、実習生たちが少しでも早く日本の生活に馴染むために、当組合のスタッフは日々より彼らに生活を指導したり、しっかりサポートしております。

実習生たちは殆ど初めて外国で生活するので、緊張しているのでしょうが、指導側の私も、彼らは教えてもらったことをどこまで理解しているのかと常に気になっています。分からないことがあったら、先ず聞くこと、確認すること等を常に皆に伝えております。そしたら、今回のように、分からないことがあったら、すぐ相談してくれました。皆は日本の「ホウ・レン・ソウ」っていう言葉をよく覚えているようですが、「ホウ・レン・ソウ」は、大きなことだけではなくて、先ずこのような小さいことから実行することだと思います。講習が終わって、企業様に配属しても、この緊張感を持って、日本社会又日本の会社のルールをしっかり守り、仕事を学び、実習生活を楽しんで行けば、これから有意義の3年間になると思います。