Bat Trang 陶器の村

今日はベトナムの陶器についてご紹介致します。

4千年以上の歴史であるベトナムは文化が回りの諸国と合流しています。その中はベトナム的な伝統文化として昔から維持している陶芸である。ベトナムでは昔からも陶芸について人気があり、全国で各都道府県に陶芸村が立ち上げて陶器が使わていました。陶器は家庭でビン、土鍋など日常生活的な物から風水的な飾り物まで作られています。ハノイ周辺では有名な陶芸地があり、よく知られている 「BAT TRANG」村であります。

参考:https://www.google.co.jp/search?q=l%C3%A0ng+g%E1%BB%91m+b%C3%A1t+tr%C3%A0ng&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjx9IqmtZbUAhWGebwKHTxdDOkQ_AUICygC&biw=1093&bih=530

「BAT TRANG」村はハノイから東南に15㎞ぐらい離れているところで、GIA LAM 市にあり、車で30分ぐらいかかります。ハノイ中心より近いしバスもあり交通の便が非常に便利です。「BAT TRANG」という名前は漢字で書くと「 鉢場」になります(昔はベトナムで漢字も使っていました)。10世紀にベトナム建国したところで元々この陶芸村が存在していました。ここではさまざまな陶器を作って、ベトナム国内だけではなく外国にも提供しています。

参考:https://www.google.co.jp/search?q=b%C3%BAn+ch%E1%BA%A3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiMpuvHvJbUAhUHsJQKHdP4CFAQ_AUICigB&biw=1093&bih=530#tbm=isch&q=g%E1%BB%91m+s%E1%BB%A9+b%C3%A1t+tr%C3%A0ng

現在は伝統陶芸を維持しながら、「BAT TRANG」村が観光地として非常に人気があります。旅行客はここで陶器作りを見ることができるし、芸人の指導を受けながら自分で陶器作りを試すこともできます。そして、ここでは「BUN CHA」がとても美味しいです。

参考:https://www.google.co.jp/search?q=b%C3%BAn+ch%E1%BA%A3&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiMpuvHvJbUAhUHsJQKHdP4CFAQ_AUICigB&biw=1093&bih=530

ハノイに行くチャンスがあれば是非陶芸村にお越しください。

ベトナム人若物の週末デートについて

ベトナム人若物のデートといえば、「映画館」「喫茶店」「公園」です。

デート回数は平均して一週間あたり3回です。デート頻度が多いので、お金があまり掛からない所によく選択されています。

上記の3ヶ所の中に、一番多かったのは「公園」だと思います。ベトナムでは夜になると、公園でカップルが寄り添って座っている姿をよく見かけます。

次は喫茶店で、ベトナムでは喫茶店がたくさんありますが、特に週末にどこでも込んでいます。

最後は映画館で、日本の映画館と比べると、ベトナムの映画館が安いです。場所によって値段が異なりますが、平均で800円程度。そんなに高くないから、2回程度行っています。

教室でもお花見~♪

皆さまこんにちは!

新緑の美しい季節になりました。

少し前、今年は教室に桜の枝を生けていただきました。

蕾から開花して散り、葉桜になるまでの変化の様子を実習生たちは毎日近くに寄って観察し、

教室でも見事に満開になった桜のお花見を楽しんでいました。

その後は次から次へとひらひら舞い散る桜の花びらの掃除が大変そうでしたが、

楽しみにしていた日本の桜を教室でも間近に見られて皆の笑顔も満開でした^^

 

ベトナム料理―バインミー(Banh Mi)

外国人技能実習生が中国からベトナムへシフトチェンジし、私もベトナムへ行く機会が増えました。仕事で海外へ行くことが多い私ですが、やはり仕事以外の楽しみは食です。ベトナムには沢山の美味しい料理があります。例えば「春巻き(生春巻き・揚げ春巻き・蒸し春巻き)」、「フォー」、「ブンボーフエ」、「ゴイ ガー」、「バインミー」などなどあります。今回は「バインミー」についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

ベトナムには19世紀から約70年続いた仏領時代の影響を受ける食べ物が数多く残っている。その中でも代表格といえるのが、細長いバゲットにパテやハム、たくさんの具材を詰め込んだベトナム風サンドイッチ「バインミー」です。

フランス、そしてサンドイッチと聞くと、ちょっと上品なイメージを持つかもしれないが、バインミーはベトナムの庶民の味といえます。特に朝食や間食として人気で、街のあちこちでバインミーを売る屋台が見られるほどに、誰にも愛される、まさに国民的メニューといえます。

バインミーに使われるバゲットは、外側はパリッと香ばしくて、中はフワフワが一般的です。ぎゅっと詰まったフランスパンと異なり、軽い口当たりが特徴です。調理の際は、そのバゲットに切れ目を入れ、具材を詰め込んでいくのだが、何より具材の多さに目を見張る。パテやキュウリ、コリアンダー、唐辛子などのほか、数種のハムが、これでもかと盛り付けられる。特にパテは各店独自の味付けがなされ、味の決め手となる具材です。もちろん、肉入りほかにも、目玉焼き入り、肉団子入り、チーズ入り、煮魚入りなどもあります。地域ごとにご当地メニューもあるので、是非訪れる各地で食べ比べてみてください。

 

最後、私がよく行くハノイの有名店をご紹介致します。

 

Banh Mi 25

25 Hang Ca St.,Hoan Kiem Dist.,Haoni

営業時間:7:00~19:00(月~土)、7:00~17:00(日)