日本の夏

最近暑いですね〜〜

日本の蒸し暑いの夏は初めて経験した実習生達がほとんどだと思います。まだ慣れていない為、辛いでしょうね。特に外で仕事をしている実習生達がもっともっと大変です。

今月も私は実習生達の顔を見に行きました。皆がいつもにこにこしてくれましたが今月は誰でも疲れているようです。聞いたら”暑くてしんどい”と返事してくれました。

これからももっと暑くて大変ですが、熱中症にならないように自分の体をしっかり管理して下さい。

 

 

カテゴリー: ベトナム, 中国, 実習, 文化

台風の日の入国

7月17日、11号台風が一番に近畿地方に接近している日でした。この台風の影響で実習生達の乗っていた飛行機が1時間半遅れて関西空港に到着いたしました。そして、大勢の来日観光客が出国手続きをすることでさらに3時間待たされてやっと出られました。予定より4時間以上遅れたので、実習生達が疲れてきてあまりいい顔をしないと思ったが、会ってみたらこの素晴らしい笑顔に驚きました。

IMG_0118

IMG_0119

IMG_0124

きっとこれからの実習生生活を期待しているじゃない?

カテゴリー: 中国, 実習

配属

皆様

こんにちは

 

最近、ミャンマー実習生たち三重の企業様へ配属しました。

私としてはミャンマー人との交流はあまりなく、移動時間約2時間は掛かりましたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

緊張するのもありましたが実際ミャンマー人実習生の日本語は非常に(私の予想よりも)高く、簡単な日本であればほとんど通じました。この点については中国人やベトナム人とはあまり差が感じませんでした。

それと簡単な英語でも通じますので、逆に中国人やベトナム人よりも日本語では説明しにくいところでも英語で通じるため、楽でした。

これから3年間、一生懸命に頑張っていただきたいです。もちろん、当組合のスタッフも毎月見に行きますので、また皆さんの2名の状況を報告します。

ミャンマー配属

カテゴリー: ミャンマー, 実習

声に出して日本語練習!

今日は、どんな授業をしているのかなぁ?と研修センターを覗いてみました。
いつもは、大きな声で実習生と先生とのやり取りが聞こえてくるのですが
今日は何やら静か・・・というか実習生がブツブツと呟いています。

20150703

先生に聞くと「一人ずつ音読の発表をするのに、まず練習しているんです」とのこと。
なるほど!
私も学生の頃、英語の授業で“教科書を読む順番が回ってくる!”となったら焦って呟いていたのを思い出しました(^^;)

一人ずつ発表することで、自分と他の実習生との違いに気づいたり、良い部分を学べたりするのも良い点ですね☆

これから日本での生活をより良いものにするには、配属先や生活圏での日本人とのコミュニケーションは大切です。
そのためにも、日本語の習得が重要となります。
日本語は分からないからと黙ってしまわず、こうして声に出して練習することで楽しく、充実した実習生活に繋げてほしいです(*^-^*)

カテゴリー: 講習

ミャンマー人実習生

今月、ミャンマー人実習生2名を迎えました!
見た目も性格も全く違う2人ですが、共通しているのは、いつもにこやか、控えめで素直、集中力が続き努力家であるというところです。
休憩時間は一緒に勉強している他国の実習生たちにも積極的に話しかけますが、周囲に気を配りながら静かに会話を楽しんでいる姿はどこか私たち日本人とも似ています。
寮で見た2人は、ミャンマーの男性民族衣装であるロンジー(ロングスカートのような腰巻)を巻いて生活をしていて、買物や研修センターに来る時には日本人と変わらないシャツとズボン姿でやって来ます。
日本に来て約2週間、今彼らはとてつもなく辛いというミャンマーの唐辛子を食べたくて仕方がない!と言っています 笑

今週は、防災センターで火事の時の避難方法や消火体験、各国で過去にあった大地震の揺れ体験や台風体験、人形を使った心臓マッサージやAEDの使い方などを学びました。
午後は警察の方たちから、実習生たちが日本での生活において事故や犯罪に巻き込まれないよう、防犯や交通安全についてのお話をして頂き、実習生たちは皆熱心に聞いていました。

ところで話は変わりますが、ミャンマーといえば『タナカ』
皆さんはこの『タナカ』、ご存知ですか!?

ミャンマー人実習生の2人と教室で話をしていた時に教えてくれたのですが、
『タナカ』は『田中さん』ではありません 笑
ミャンマーで一番人気の伝統的自然派コスメ、それが『タナカ』です。
みかん科のタナカという木の幹から出来ているので『タナカ』なのだそうです。

この木の幹を墨をするように石の硯で磨り、粉もしくは樹液にして使うこの化粧品は、夏の暑い時期に稲作作業をしている女性の発案で出来たものだそうで、耐え難い真夏の直射日光から肌を守るために彼女たちは顔や腕にそれを塗ったのが始まりだそうです。

塗り方は人それぞれで、頬や額に丸く塗ったり四角く塗ったり、様々な形を作って化粧をするようですが、塗ってしばらくすると日本のベビーパウダーのようなサラサラした触り心地になるようです。実習生曰く、塗った後は冷やりとして気持ちがいいそうです。(彼らは顔には塗ったことは無いようですが… 笑)

『タナカ』の効果としては、
①皮膚の病気の改善
②香りがとてもよい
③日焼止め、体の熱を取る
④毛穴の引き締めや吹き出物などを防ぐ
などで健康にも美容にも良いもののようですね。

ミャンマー人にとっては『タナカ』を塗ることは習慣や文化、また伝統的なオシャレのひとつであるようで、女性だけでなく、子供から男性まで幅広く日焼対策やオシャレとして使われているようです。
ですが、ミャンマー人の誰もが好きで近代的な化粧品が流行っても愛用され続けている一方で、若い女性たちはUVカット機能もなく田舎者っぽいと少しずつ使用しなくなってきているのも事実のようです。

☆もうすぐ七夕☆ 実習生みんなで短冊に願い事を書いて笹に飾りました!

 

__ __七夕

カテゴリー: ミャンマー, 実習, 文化, 講習