日本のラーメンって、激ウマ!!!

皆様、こんにちは!

自分の監理しているある会社は実習生とうまくコミュニケーションを取るため、実習生達と日記交換をしています。ある日、実習生の書いた内容を見たら、「日本に来る前、日本で働いたことがある友達に日本の食べ物の中で何が一番美味しい?と聞いたら何でも美味しいが、ラーメンが一番美味しいと教えてくれた。しかし、中国人からすると、あわびやフカひれや伊勢えびなど高級な食材で作るものは美味しいと言われたら分かるが、ラーメンってどこでも売っているごく普通の食べ物なので、一番美味しいと言われたら言い過ぎるだろうと思っていた」と書かれていました。

自分は日本に来てから初めてのアルバイトはラーメン屋でした。そのきっかけでラーメンを食べ初めて、日本のラーメンの美味しさを知っていました。今もどこか行ったら必ず当地の有名なラーメン屋に行って一杯をいただくことを続けています。この日本のラーメンの美味しさを実習生達に知ってもらうため、会社の近くのラーメン屋さんに連れて行ってラーメンを食べさせました。

食べ終わったら、「味はどうだった?」と聞いたら誰も返事しなかったです。「え?もしかしたら口に合わなかった」と思っていた瞬間に、全員は同時に親指を立てながら「激ウマ!!!」、「この美味しさが言葉にできない」と泣きそうな顔をして叫んでいました。

今回の日本ラーメン文化の授業は大成功でした!!!
IMG_3034

IMG_3035

IMG_3036

外国人実習生考

私がこの仕事に携わって10年を過ぎました。

10年前の研修生・実習生と昨今の実習生では当然のことながら、変わったな~と思います。まず、服装が変わった。日本の若者とほとんど同じく派手(?)になりました。髪型としても個性的になってきた。やはり、自国での生活水準が上がってきたでいであろう。

各国の若者にとって収入がアップすれば、やはり身の周りの事にお金を使いたくなるのである。従って、賃金に対する拘りが強くなった。

日本ではこの20年位収入が増えず、逆に平均年収は下がっている。一方少子高齢社会化の問題で、人力が足りない。特に若い人の働き手が足りないとのことで、いかにして働き手を確保するのが大きな問題となりつつある。もし外国人に頼ると言う事になればそれなりの収入を保障してやる必要性が高くなる。その際には賃金を上げる必要がある。

最低賃金では採用が難しくなるだろう

♪ベトナム若者の週末♪

「週末何してた?」会社でのそんな一般的な会話から話が弾むことがベトナムでは少ないように感じます。たとえば、すごく関心を引く趣味をもっていたり、変わった趣味をもっていたりといった人と出会うのはまれです。

ベトナムでは都心部でも娯楽の数が少なく、娯楽にかけられるお金も限定的です。そのため、ベトナムでの若者の一般的な週末の過ごし方は、「インターネットをする」「カフェで友達と話す」といったことが人気です。おしゃれなカフェやチェーン店などで、長い間スマホをいじりながら話をしている姿はベトナム人の週末の典型的な姿といえるでしょう。

日本と比較してみると、「映画」の割合が非常に高く、「街を散策」したり、「ショッピング」をしたり、「小旅行」をしたりといったことは少なめです。特に映画は費用も手頃なことから、若者にとって最も人気のある娯楽の一つになっています。「睡眠」の割合が高いのも特徴的で、これは彼氏・彼女のいないお一人さままで顕著です。

将来的に、所得が増えていくと、買い物や趣味に費やす時間が増えてくることが予想されます。ベトナム人は健康志向が強いこともあって、ジョギングやヨガなどをする人が増えており、健康に対しての需要が多くなるのではないか感じます。

インターネット・・・59%

睡眠・・・45%

映画・・・43%

テレビを見る・・・35%

カフェに行く・・・32%

ゲームをする・・・31%

家族と過ごす・・・26%

友達の家に行く・・・24%

買い物・・・22%

公園に行く・・・18%

遊園地等に行く・・・17%

勉強する・・・15%

ジムに行く・・・15%

カラオケに行く・・・12%

旅行・・・10%

バー、クラブに行く・・・5%映画写真(ベトナム)①映画写真(ベトナム)②

現地の実習生たちとSkype面談

日本に来ることが決まった実習生たちは、入国前に母国で日本語を勉強中です。

これまで中国で勉強中の実習生たちと、私たち組合スタッフとで

Skypeを使った面談を毎月行ってきました。

 

というのは、以前にもご紹介済みですね → 以前の記事

 

面談をした実習生たちは、入国した時に面談を担当したスタッフを見つけると

とても素敵な笑顔で名前を呼んで声をかけてくれます。

3~4回の面談とはいえ、知っている人がいることで安心しているようにも見えます。

その笑顔を見ると、私たちもとても嬉しいです(*^_^*)

 

6月からはベトナムの実習生ともSkype面談が始まりました☆

実習生はもちろんですが、組合スタッフも中国人実習生と何か違うところがあるのではと緊張してしまいましたよ(^_^;)

 

お互いに緊張しながらでしたが、問題なく初回を終えました。

ベトナムの実習生たちも、これを良い機会にして勉強を更に頑張ってほしいです。

私も担当の実習生が入国してくる日が楽しみです♪