来日激減???

皆様こんにちは!近年中国国内の平均給料が高くなって、そして円安が進んでいる状況の中に、実習生として日本にくる魅力がなくなって人が集まるかとの疑問をお持ちくださる方が少なくないと思いますが、今年に入って中国面接を3回ほど立会いいたし、来日を志望する若者がまたいっぱいいるとすごく感じました。なぜかというと、この30年経済の高速な発展で中国人の収入が多くなって裕福な生活が過ごせるようになったとのイメージを世界中の人々に与えていましたが、貧富の差がどんどん大きくなって貧乏な家庭の生活状況が更に悪化しているのは現実です。

「嘘だと思ったら、一度いらっしゃってみてください。」

IMG_0626

「実習生は大丈夫?」

皆様

こんにちは
実習生ってどのような方々でしょうか?日本で3年間無事に滞在出来るでしょうか?受入れた場合は日本人社員と上手くお付き合い出来るでしょうか?
実際私が担当しているほとんどお客様から受け入れ前から聞かれる質問です。
もちろん、皆様お買い物する前にきちんと考えてから購入するのと同じで、実習生は人間ですのでなお更慎重に検討しなければなりません。
私が知っている限りではこの制度利用している企業様は95%以上継続しております。
なぜでしょうか?実は実習生の皆さんは日本人の若者とそんなに変わることがなく、明るくて活発な方が多いです。言葉が上手になれば社内でも不可欠な人材になっている方も多く、各企業様が継続される理由の一つだと思います。

IMG_0584

日本の〝キレイ″を学びます

 

入国した実習生はまず、組合の研修センターで約1ヶ月の講習を受けます。
この講習の間、日本語はもちろん、日本の文化や慣習についても学んでいきます。

その一環として、毎朝の掃除があります。

実習生たちは担当箇所を掃除して、自分たちでキレイにした教室で毎日の講習に臨みます。
ほうきの持ち方が独特ですが(^^)一所懸命です。

実習生たちは日本に来た最初の印象を 『とてもキレイです』   と言ってくれます。

汚れていないようでも毎日の掃除をすることで、キレイと思ってもらえる街が保たれていること、
物を丁寧に大切に扱うことを、こうして学んでくれています☆

IMG_20150415_090349IMG_20150415_090639IMG_20150415_090719

 

日本の桜を見てみたい!

先週、奈良でも桜が一気に開花しました。

私達の事務所や研修センター、実習生たちが住む寮の周辺には有名な桜の名所があり、先月入国してきた実習生たちは、お昼休みに研修センターから徒歩5分くらいのところにある世界遺産『平城宮跡』へ、日本語講師の先生と満開の桜を見に行きました。

入国式の自己紹介では「日本の桜を見てみたいです!」と話す実習生が大変多く、とても楽しみにしていた満開の桜を遥か昔は都だった『平城宮跡』で朱雀門や大極殿と共に、間近で見ることができた実習生たちは大興奮だったようです。

宿題の日記では、心に残った日本の美しい桜を、これまでに習った沢山の日本語を使って思い思いに表現していました。

img_0022

 

実習生お出迎え

ベトナム人実習生が入国してくるので関西国際空国へ出迎えに行ってきました。
入国時は日本語がたどたどしい実習生もいますが、今回の実習生は日本語レベルも高く勉強熱心で、「うどん」の看板を見つけて、
「先生、うどんはおいしいですか?」、「うどんは値段が高いですか?」など
大変積極的に日本語を話そうとしていました。
お店で食べると高いですが、スーパーで買えば安いと伝えると、
「では、スーパーで買います。」と返事をし、簡単な日常会話は大丈夫そうなので今後が楽しみです。
しかし、その5分後に「スーパーホテル」というビジネスホテルの看板を見つけ、
「先生、スーパーです!」と喜んでいました。
日本語って難しいですね。