技能実習3号

従来から、3年間の実習期間では短かすぎるとの意見をよく耳にしました。特に真面目で優秀な実習生に対しては、受入企業から再来日できないかとの質問をよく受けました。

この要望が昨年から建設関連業界のみで実現したわけですが、他の業種においても早く実現できればと思っていたところ、11月28日ようやく実現しました。

日本人と対等に働く事で実習生本人達が仕事に対し情熱を抱けるのではないかと思います。

そして、日本に来て本当に良かったと心の底から思えるのではないでしょうか。

今年最後のイベント開催

紅葉の季節を迎えましたが、いかがお過ごしですか。

 

今年最後のイベント(関東BBQ大会)を開催させて頂きました。実習生たちは普段なかなか同期や仲間たちと会えないですので、BBQ大会開始から終了まで、実習生たちは大いに盛り上がっていました。主催者側の当組合としてもこのようなイベントを開催して良かったと感じました。

img_2332img_2334

昨年と違って、今年の関東所属実習生たちはN2やN3の合格者が多数輩出しました。表彰式ではディズニーチケットや奨励金配布で大盛況!今年入賞出来なかった実習生たちにも良い影響が出ることを期待しております、来年に向けて一所懸命頑張ってください。

近年一番人気メニューの座「焼そば」はとうとう、ベトナムサンドイッチ「バインミー」に奪われました(笑)。自分も初めてですがとても美味でした。ベトナムへ行く機会があれば是非一度お試しください。

img_2335

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、因みにもう一つ人気だったのが女性実習生集まるテントでした(笑)。

 

来年も実習生の皆さん、ご参加をお待ちしております!

img_2333

ベトナムフェスタ in 神奈川

先月にベトナムフェスタin 神奈川に行って参りました。
ベトナム経済、文化交流イベントで様々なプログラムが行われ、一般の人も   楽しむことが出来ます。
お店がたくさんあってベトナム伝統的な料理(フォー、バンミー、チェー)を販売していました。

特に人気の食べ物はバンミーとフォーです。今の季節はちょっと寒い風が吹いてますので、歩きながら食事をしてしかもベトナム気分を満喫できてお客さんは大満足だったそうです。

食べ物だけではなくベトナム風財布やバックやネックなども販売してあり、家族とお友達のお土産として買ったお客さんが多いそうです。
image2
ベトナムを代表する民族服装(アオザイ)着て記念写真撮影が出来るコーナーが設置されました。
子供からお大人まで喜んでアオザイを着て記念写真を撮っていました。
image3
日本では見た事が無い劇かもしれませんが、水人形劇という約千年前豊作を願う為ベトナムの農村で生まれたベトナムを代表する伝統民族芸能があります.
image1
もう一つお楽しみ出来るのはベトナムのバンブーダンス(バンブーダンス竹
踊り)です。伝統的な遊びで男女を問わず皆が楽しく参加することができます。
image1-4
音楽のライブもございます。日本の歌手とベトナムの歌手も演奏して頂いて、お客さんも踊りながら歌って最後まで盛り上がりました。実習生の方もいっぱい来たそうです。
1年間に一回ベトナムフェスタを開催していますので、まだ行ってない方はぜひ来年遊びに来てください。

ある夜の出来ことについて

ある夜、組合で講習中の実習生から電話がかかってきました。

「先生、さっき寮の近くを散歩していたら、財布を拾いました。一応、交番に持っていって、警察官に届出しました。それで大丈夫でしょうか?先生の名刺を警察官に渡しておいた方が良いですか」という連絡でした。「警察に届出したのならば、問題がありませんよ」と彼らに伝えました。本人たちは安心したようです。

皆は、日本に来て2週間もたっていなかったので、分からないことが多い状態です。入国前、母国で日本語や生活マナーの事前教育を受けましたが、実際に日本に生活しないと、慣れてこないことも多いと思います。教えてあげても、繰り返し忘れたり、間違ったりすることもあります。異文化だから、しょうがないだろうと諦めずに、実習生たちが少しでも早く日本の生活に馴染むために、当組合のスタッフは日々より彼らに生活を指導したり、しっかりサポートしております。

実習生たちは殆ど初めて外国で生活するので、緊張しているのでしょうが、指導側の私も、彼らは教えてもらったことをどこまで理解しているのかと常に気になっています。分からないことがあったら、先ず聞くこと、確認すること等を常に皆に伝えております。そしたら、今回のように、分からないことがあったら、すぐ相談してくれました。皆は日本の「ホウ・レン・ソウ」っていう言葉をよく覚えているようですが、「ホウ・レン・ソウ」は、大きなことだけではなくて、先ずこのような小さいことから実行することだと思います。講習が終わって、企業様に配属しても、この緊張感を持って、日本社会又日本の会社のルールをしっかり守り、仕事を学び、実習生活を楽しんで行けば、これから有意義の3年間になると思います。